労作性頭痛とダブルスプリット…?

睡眠時間を固定する、特に起床時間を決めることは大切だそうです。

就寝時間が前後することは仕方ないにしろ、起床時間は決める、と。

 

朝八時に起床しました。

ニートには厳しい時間、ただ、仕事が始まったときを考えるとある意味良いのかな、と。

 

朝食は、

プロテイン/粉飴/グルタミン

です。

ビーレジェンドのナチュラルを飲んでいるんですけど、お腹にたまる、って意味ではチョコとかが良いかなーって思います。

 

一昨日あたりからトレ時間を朝にしています。

ニートすげぇ。

9時くらいから肩をしました。

 

バーベルプレスをしていたら、左の首筋が「ズキンッ」。

調べてみたら、

doctors-me.com

「労作性頭痛」というらしいですね。

 

対策としては、「水をよく飲んで安静に。」

たはー、どうしようもありませんね。

 

特に腹圧を掛けていくとズキズキ痛みます。

前にもなったことありますねー、頭痛は根治できなさそうなので、付き合っていくしか無さそうです。

1種目の途中で帰るのもつまらないので、サイドレイズをドロップセットで行いました。やはり腹圧をあまりかけずにやる種目は頭痛が減ります。

 

僕のように労作性頭痛で悩んでいる方は、一旦出てしまったら諦めるか、あまり腹圧をかける必要がないストレッチ種目や、小さい筋肉の部位に移行して低負荷高回数で行うと良いかもしれません。

自分の場合は高血圧も持っているので、無理は禁物。

合戸孝二さんみたいに失明してでも筋肉を取ろうとは思いません。それはそれですごいけど。

 

お昼から夕方まで面接で桜木町へ。

春の海風は気持ちが良いですね。

日差しが強かったのでサングラスで行きたかったのですが、花粉症の時期にコンタクトは不可能なので諦めて眼鏡で行きました。

 

そもそも就活の面接にサングラスを持っていくのはあかんのかな。いや、別に行く前に外すし、問題は無いか。

 

夕方過ぎに帰宅し、暇だったので仮眠、30分で起きるぞ!

って、やはり2時間寝てしまいました。

アホかと。ちょうどよく仮眠をなかなか取れないですね、ソファーで寝たほうが良いのかな。机と椅子は無いし。

 

起きて、プロテイン飲んで、ごろごろして、

うーん、やっぱり足りない、と思い、ダブルスプリットを敢行しました。

頭痛も治まったし。

 

最初におそるおそるスミスのバーベルプレスをしたら、「ズキンっ」

あー、だめだこりゃ。

三頭筋と二頭筋のスーパーセットにしました。

 

ダンベルゾーンが珍しく埋まっていたので、

・プリーチャーカール

www.youtube.com

・ベンチプレス(ナロー、低負荷高回数→16×3)

・ケーブルプッシュダウン、カール

 

サクッとやって帰ってきました。

プリーチャーカールの動画、ケビンさんですね、イケメンです。

筋トレ用語にはわかりにくいものが多いですし、フォーム一つで効く部位が変わってくるので、動画を載っけてみました。

 

本来であればダブルスプリットは大筋肉群を動かすことによってアナボリックホルモン(筋肉作るよ!っていうホルモン)を少筋肉群に利用すること(小さい筋肉を動かしてもホルモンが出にくい)や、疲労度を分け、集中力を維持することに意味があるのだと思います。

ですから、本来のダブルスプリットは、

・脚→腕

・背中→肩

などのように組むことが多いようです。

 

今回僕が行ったように、

「急に労作性頭痛が出た、帰るしかない、いやでももう少しやりたい。」

など、微妙な気がします。

 

ただ、筋トレは仕事にしているのではない限り、先人のアドバイスをどれだけ自分で取り入れ、取捨選択していくか、だと思います。

これが良い!っていうのは初心者ならBIG3やっとけくらいのもので、人それぞれに正解があって然るべきです。

そういった意味では以前も書いたように教育、特に受験勉強と筋トレは似ているなー、って思いますね。

 

 

あーやばい、こんな時間になってしまいました。(現在午前2:43)

明日8時起床、頑張りましょう。

 

世の中の方はお仕事、学校頑張ってください。