消極的な自殺願望と新しい診断結果

とてつもない波がきた。

 

してはいけないことを、してはいけないと思いつつやってしまい、破綻した。

友人、親、関係者すべてから電話が炸裂し、すべてスルー。

一週間ちょっと引きこもっていた。

 

うーん、なんか具体的に書けないのが歯がゆいな。

 

僕は自殺未遂の経験があって、そのときは衝動的な服薬自殺を図ったんだけど、吐いて吐いて吐きまくって、本当にきつかったし、迷惑かけまくった。

今回?というか、先日まで、今も若干持っているけれど、自殺願望はとてもネガティブ。消極的、というか。衝動的ではない。

 

「もう色々やんなっちゃった。」

 

って感じ。

言い方は変だけど、もういいやー、的な。

絶望先生みたいに「絶望した!」ではなく、「絶望しちゃったー。」

 

変な話よね。

 

積極的な自殺願望だったら、手首切ったり、首吊ったり、飛び降りたり、そういうのができるんだろうけれど、まじでこわい。

 

嫌なことがもう起きてほしくない

→生きていたら嫌なことが起きる

 →もう死にたい

  →注:痛いの怖いのは”嫌なこと”だから積極的な自殺は図れない

みたいな。

 

ほっといたら寿命来るよ。

って思うんだけど、暇な時間が、つまり単純に生きていくことも苦痛だから、自殺願望は”ある”って思う。

 

しかし別に人に迷惑を掛けたいわけでも、親や友人を悲しませたいわけでもない。

 

 

金曜日は病院に2回目の検査に行った。

ずっと引きこもっていたけれど、波風を立てることが嫌だから行った、くらいの感じ。

都営新宿線は嫌な記憶を想起させるからきついけど、とりあえずは我慢できる。

 

IQテスト的な検査の2回目。

どうもADHDは確定くさい。

睡眠に対してのアドバイスを戴く。安易な眠剤の処方はしてくれないから、アドバイス通りやるしか無い。先生もこっちが仕事無くて暇ニートなの知ってるから厳しい。

近況などを話してたら先生が難しい顔で悩みだした。

 

解離性同一性障害の疑いがあります。

 

とのこと。

いやまだ全然疑いらしいんだけど、これで人格障害3つめだよ。

双極性障害

境界性人格障害

解離性同一性障害←☆New!

双極性障害は無さそう、らしい。というか色々な要素が混じりすぎて素人判断は全くあてにならない。

ネットによくあるセルフチェックみたいなのはどれも当てはまるんだけど、流石に解離性同一性障害は初めて言われた。

 

多重人格ってことでしょ。

 

素、裏、闇、真、とかそういう感じか、ってあまり重く捉えてないんだけれど、

よくよく考えたら自我同一性的なものが乖離しちゃってるってことなのかな。

それはやっばいな。

 

確かに自我同一性なんてもんが本質的に一であるなんて西洋のはったりだと思わないでもないけれど、いやー、どうなんだろう。

離人症、というかメタな自分がいつつ、自分の行動を制御できない、っていうのは見に覚えがある。

後から思い出そうとしても記憶があいまい。ってのもある。

けど、真っ白になってしまうのではなく、断片的なイメージがあるだけ、ってだけで、うーん。

 

もういっそのこと自分だけのオリジナル人格障害なんじゃないかと。

わかんね。

 

金曜までに内定来ると思ってたらレス無し。

ベンチャーだから仕方ないか。前回もメンター2週間忘れてたし。忙しいのかなー

 

一週間ぶりに筋トレ行ったらまぁまた落ちているわ。

ちょっとサボるともう、ね。

 

とりあえずメインセット60くらいまでは戻したい。

5×5で伸ばして、10×3ができるようになったらいいな。

 

病院で言われたとおり、何があっても朝八時に起きる。

起きている時間がそもそも苦痛だから正直起きたくないんだけどね、仕方ない。他にやりようがないもの。

田舎でのんびりスローライフに憧れる、とか言ってみたい。

時間を無為に、というかのんびり過ごすのが苦手なんだな。

 

あ、これがADHDか。

 

次回検査は2週間後、おそすぎんよー。

父親にご足労願い、幼少期のことを聞くらしい。

診断するにもそういう色々な手がかりが必要なのね、はー、すごい。

 

心療内科って非常にロジカルで、かつソフトで、面白そうだなぁ、とは思う。

解きほぐせたら楽しいんだろうな。

 

おわり